まるひと風来帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌舞伎役者受傷事件関連の報道で蘇った記憶

<<   作成日時 : 2010/12/10 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

尖閣諸島関係の騒動が収まりきらないうちに連日TVは大騒ぎしていますが、興味も関心も無い事なので、たいして注視していませんでした

しかし
そのうちどなたかが
EBIZOストリートファイトだとか
ドランクファイター成田屋
みたいな動画をupしてくれたら爆笑するかもww

去年見た
白いクスリ(青いうさぎ替え歌)はワロタww

さて、今朝歯磨きしながらニュースを見ていたところ
受傷した人の代わりに、大御所俳優の公演が決まったとか・・
前述の如く、全く無関心なことなのですぐに洗面所に移動したその時のことです



このマンガの記憶が鮮明に(?)蘇りました
画像

アラフォー以上であればご存知の方も多いのではないでしょうか
30年以上前、ジャンプに連載された作品ですが、私もカントクの暴走を楽しんだクチですww

この1・2のアッホ!!
ギャグマンガに分類されますが、その当時の各種報道のネタをひねったストーリーが多く
単なるパロディとは一線を画しているので、ある程度ニュースや新聞が理解できる子供じゃないとわからない知的なギャグマンガでした
現在の爆笑問題のネタに近いかもw

ではなぜ歌舞伎俳優を見て、このマンガを思い出したか

ある日、友情学園に転校してきた美形の男子生徒
その名は
坂東玉触郎(タマさわろう)・・・
しかもこの玉触郎
実は男装した女子であることが判明!
坂東家になぜか押しかけたカントクらは玉触郎の父
坂東玉握郎(タマにぎろう)と対面

「どーでもいいけど、だんだん名前がわいせつになるなぁ」という(確か)定岡のセリフを強く憶えています
そしてその父は歌舞伎の女形で普段から完璧な女装をしている
続いて現れた玉触郎の母は宝塚歌劇団の元男役で、やはり普段から完璧な男装をしている
倒錯が入り乱れる世界でカントクたちが大混乱してしまうオチだったかな

コンタロウ先生は今なおお元気に執筆活動中と聞きました
どうかご自愛下さいませ

しかしなんだこの記事タイトルと画像のギャップはww

空蝉



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌舞伎役者受傷事件関連の報道で蘇った記憶 まるひと風来帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる