まるひと風来帳

アクセスカウンタ

zoom RSS プリンタ事情

<<   作成日時 : 2011/01/10 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新年、たくさんの年賀状をいただきました
毎年、グラフィックソフトの汎用化、そしてプリンタの性能向上には驚かされます
フチなしプリントが余裕でできてしまう

十数年前に私が最初に購入したプリンタは、去年まで経団連会長してた人が経営するメーカーC社製の低価格品だったけど
これがまあトラブル連発でマトモにプリントできたためしがなかった・・・
当時のOS、W95との相性もヨロシクなかったようで、A4の文がハガキサイズで
プリントされるわ画像を勝手に4分割するわで、使えば使うほどストレスたまった

当時は、私にしては結構イロイロとワードで文書作りしたんだけど、まともにプリントできないから仕方なくFPD(懐!)持って、毎週隣町の出力センターで金払ってプリントしてもらっていたという
いったいなんのためプリンタを所有しているのかわからない状況でしたww

その後、結婚を機にプリンタを買い換えました
これです
画像

初の外国製なんだけど、何故このヒューさんパッカさん製にしたのか
それはひとえに、この省スペースサイズから発揮する多機能に注目したからに他ならない
プリンタは勿論、スキャナもコピーもできてしまうしUSBやSDからも直接取り込み可能
今は、国産メーカーも複合機能充実に力を注いでいるらしいが、どうしても機器の大型化からは逃れられない
当時にして、日本人好みの「縮み志向」に見事応えたプリンタだったのです(偶然そうなっただけだとも思うがw)

ただし、寿命とランニングコストにはたいして期待してはいなかった
ステレオタイプな考えだけど、そっちはやはり made in japan に軍配かなと、漠然と考えてました

しかし、さもあらんや
その後本機はイイ意味で、見事に予想を裏切ってくれたのです
まず10年近く使用していていちども故障なし
この間PC本体が2回交代し、現在3代目につながっているのだけれど、大きなトラブルもなく稼動します
環境の変化にも強いようで、温度差激しく多湿で埃の多かった前居から、まったく逆の現居に移っても、そのコンディションには特に変化なし

なにより優秀なのがインク消耗の遅さです
自動車で云うところの低燃費ですねw
職場で、大量にカラープリントする機会があるのですが、国産品は毎月、いや多い時には毎週カートリッジ交換を強いられる
けど我が家のプリンタは、昨年末まで十年弱の段階で交換わずか1回ですw
勿論、仕事で大量にプリントする消費量と、家庭での消費量との違いはあるでしょうが、それにしてもよく持ってくれています
そして、何年もセットしっぱなしでインクが乾燥しないのが一番スゴイことなのかも・・・


その優秀な外国製プリンタ、そして年賀状作りで著名なソフトを駆使し毎年年末に年賀状を作成するのが、デザイン学校出身である私の、1年で唯一の重責な役目なのですww
しかし、上記の如く、グラフィックソフトの向上と普及によって、別にデザイン知らなくても、一般的な美的感覚があればそこそこ格好よくてキレイなモノは出来るとも思うのだが・・・


「今年も楽勝だぜ!」昨年末もナメてかかりました
ちなみに、舞姫生誕後は、ご多分に漏れず彼女の画像ばかり使っていますw

しかしなんてことだ
よりによって
宛名プリントを完了しこれからカラープリントという段になって
何年も持ってくれたインクが
いきなり切れてしもうた


仕方なくネットでインクジェットカートリッジ3種(カラー、写真、BLACK)を調達し事なきを得たものの新たな問題が発生しました

このプリンタのインクカートリッジ取り付け口は2箇所なのですが、普段はカラー用とBLACK用がセットされています
今回は画質向上を狙い写真用とカラー用を調達・セットし、年賀状裏面のプリントに使用したのですが
お役目を終えて今年の年末まで保存すべき写真用プリンタカートリッジの保存アダプターが無い

年賀状が終ったらBLACK用に転換して通常モードに戻す必要があるが
この状況では、せっかく購入した写真用カートリッジを、たかだか100枚にも満たない年賀状を印刷しただけで、まだ中味がインクで満たされた状態で、保存できずに放置することになってしまう
放置すれば、インクが乾燥して使い物にならない

確か前回は、プリンタカートリッジに添付されていたハズだし、プリンタのマニュアルにも別売りアダプターをお使いください」とある
不審に思い、ヒューさんパッカさんの顧客窓口に電話したところ

現在発売中のこのプリンタには、予めアダプターを付属させる方式になっているので、以前買った人は販売店にて類似品を探して使うように

とのこと・・・
釈然としないまでも納得はしたので、各店を当ってみました
しかし
現在そのような類の扱いなし
との答えです

どういうこと?
再度顧客窓口に電話です
事の経緯を全て話し、対処として現在製品に付属させているアダプターを特別に売って欲しいと低姿勢でお願いしたところ
待たされること数分

誠に申し訳ありません。先日の担当者が勘違いしておりまして、もう保存アダプターも製造していない事が判りました
はぁ?てことは
このプリンタのユーザーは、インクジェットプリンタカートリッジを交換する毎に、まだ使えるものを捨てなければならないということです

随分前の機種だし、サプライ用品の環境整備が疎かになる事もあるやもしれませんが、消費者からすれば財布に痛いことです
そして、最初から正しい情報を教えてくれれば、時間的なロス(+販売店への電話代)が発生せずに済んだのに・・・
それだけ伝えて電話を切りました


非常に残念な出来事でした
この十年弱、プリンタの性能で培われたメーカーへの印象が幻滅した瞬間でした
それとも、この日進月歩の時代に、何年も買い替えもせずに旧い機種を使い続けている私に責任があるのですかねw


空蝉




HP Photosmart オールインワン インクジェットプリンター C4490 <32543>
ヒューレット・パッカード

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by HP Photosmart オールインワン インクジェットプリンター C4490 <32543> の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プリンタ事情 まるひと風来帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる