まるひと風来帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 救助・支援活動にあたる全ての人々に捧ぐ

<<   作成日時 : 2011/03/16 10:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



私は「有言実行」というコトバが嫌いです

なぜなら、この四文字熟語を自分のモットーにしているのにもかかわらず
言ったことをなにひとつ「実行」しない人物2人に、過去関わった経験があるからなのですw


ひとりめは会社の上司 営業部長でした
私が営業として担当する得意先に一緒に来て(来てほしくないw)
相手に対し
「私はこの言葉好きなんですよ、自ら言ったことに対して責任が生ずるから必ず実行する気概になれます」
などと、意気揚々と話し
あとで事務所に帰ると
「おい空、お前アレ絶対納期守れよな」とエラそーに命じるのです
いわゆる上に厚く下に薄いという典型的なゴマスリーマンw
嗚呼、上司は選べないw

私にだけではなく、社内でも万事同じ調子なので、ほとんどの社員から軽蔑されていました
だいいち言ったことを徹頭徹尾やり遂げたことなど1回もなしw
それを指摘されると
「馬鹿野郎 これは臨機応変て言うんだ お前そんなこともわからねえのかよ」と逆ギレw

そのオッサンには憐憫に近い感情すら持っていました


もうひとりは、次の職場の社長でした

とにかく大風呂敷を広げるのが好きな山師で、どこに出ても荒唐無稽な空理空論を針小棒大に長々とひとりでしゃべくりまくり、強引にビジネスを進めようとする姿勢に辟易しました
当然業績は伸びずに債務だけが膨らみ、しまいには詐欺容疑で刑事告訴されてやがんのw
まだ裁判やってんだろうなぁ〜

その山師もまた
「自分も他人も言葉で動く 有言実行だ」
「否定的な言葉は失敗を招くので使うな 一切の否定を許さん」
社員ひとりひとりの箸の上げ下しにまで細かく干渉し
「俺がお前ら全員一流人にしてやる」(爆)
まったく、そのエネルギーをもっとマトモなことに使えってぇのw

山師が「有言」したことはいつもうやむやにされ
口だけ達者なものだから、のらりくらりと相手を丸め込むのが常套手段だった

心ある人はみんな辞めて、周りはイエスマンばかりに
私もさっさと辞めたかったが諸事情で居座ってしまった(愚かだったと思います)
その後、経営破たんです(爆)
まるでカダ○ィw

ちみに
世の社長なんて人種は、サラリーマンが務まらないから仕方なく社長になった輩が多いそうですねw


そんなドイヒーな実例を見てきたせいか、自信満々に言葉を操る人をあまり信用しないようにしています


今この瞬間も、東北各地の被災地では、自衛隊、警察、消防、医療、役所そして遠路来てくれた各国救助隊の人たちが、寒い中被災者の救助、支援に全力で取り組んでいます
それはまさに終りなき闘い
「不言実行」は、まさに彼ら彼女らに捧げる最高の称号だと思います

特に自衛隊の精鋭たちは
口だけ出して他にはなにもしない「政党屋」や「評論屋」「運動屋」から、誹謗され罵倒されても、黙々と命がけで泥まみれになりながら、怪我人をお年寄りを赤ちゃんを救い出し励まし続けています
凄惨なご遺体を収容するつらい機会も無数にあることでしょう

隊員たちが決まって口にするのは
「我々はこの時のためにいるのですから」

頭が下がります




この曲、仕事でツライ時に励まされます


空蝉









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
救助・支援活動にあたる全ての人々に捧ぐ まるひと風来帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる