まるひと風来帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 季節性花粉症です

<<   作成日時 : 2011/05/25 16:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まったくもってお恥ずかしい限りです

数日前まで
赤い眼をしてハナミズをタラしながら
患者さんの視力検査をしていた眼科職員は私です

1週間ほど前から、典型的な季節性アレルギー性鼻炎結膜炎の症状を発症してしまっています
時期からしてスギではなくブタクサやイネではないかと思われますが、確信はありません
アレルギー反応を引き起こす植物は60種類以上が報告されているのですが、その内訳については専門医の間でも意見が分かれています

なぜ、眼科に勤務しながら、前もって抗アレルギー薬の投与で予防していなかったのか
答えは簡単です

昨年一昨年はこのような激烈な発症が無かったからに他ならない
ようするにアレルギーをナメていました

それからもうひとつ、だいぶ以前に、やはり同様の症状を発症した時に、専門医を受診するのが面倒なので(当時は今と違う店舗にいた)、安易に近所の薬局で一般的な薬を買って飲んだところ、凄まじい副作用に襲われてしまいろくでもない目に遭った恐怖の記憶が、無意識に薬物を忌避していたこともあります


勤務中、おやじくさい派手なクシャミを連発するは、爆音を響かせて洟をかむわ
あまりに騒々しいと事務方から抗議されてしまいました
そうでなくとも、自分の身体から出る、ありとあらゆる音が、人並み外れて大音響になるので(原因不明)日頃から「もう少し静かにするように」と注意されていました

また、眼科職員がこの体たらくでは患者さんの信頼を損ねてしまうし、だいいちその眼では問診の時に全然説得力が無い
という院長の判断で強制的に薬物投与ですw

まずは、抗アレルギー点眼剤リザベン(キッセイ薬品)
画像

抗炎症剤(ステロイド製剤)フルメトロン0.1(参天製薬)
画像
を1日4回点眼し結膜炎を抑え

続いて今年のアレルギー性鼻炎のトレンドであるザイザル錠5mg(ヒスタミンH1受容体拮抗作用あり グラクソ・スミスクライン社製)
画像
効果高いので1日1錠の投薬で構いません

さて、その結果ですが、劇的に改善です
特にザイザル錠は、投薬1回で3日ほど効果が持続しました
最初から薬に頼っていればよかった

ちなみに、私が最も危惧する副作用なんですが・・・
やはりありましたw
1日を通して倦怠感が強く眠くてしょうがない(特にディスクワーク時)
来患で忙しい時や、自転車通勤中は血流が激しくなるせいかいつもと一緒なのですが、やはりこの副作用はいただけないw
夜、帰宅後も舞姫よりも早く就寝してしまいますw

しかしながら、前述の市販薬の副作用よりは大分軽い

まあ、薬なるものは、症状が改善され次第止めるべきもの
というわけで、発症の兆しが無ければ、あえて飲まないようにしています


それにしても醜態をさらしてしまった1週間でした


空蝉





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
季節性花粉症です まるひと風来帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる