まるひと風来帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 東日本大震災発生から今日で半年です

<<   作成日時 : 2011/09/11 08:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あの巨大地震から半年が経過しました

あらためて祈ります
犠牲者の供養のため、被災地の復興のため


どうか安らかにお眠りくださいますように
一時も早く元の生活に戻れますように
ふるさとで安心して住めますように

そして私たちは、東日本大震災そして福島第一原発の事故を決して忘れることなく次の世代に語り継ぎ、地震列島に住む民族として天災に備える努力を怠ってはなりません










あの9.11米国同時テロ攻撃事件からも10年なんですね





9.11は合衆国をテロとの戦い駆り立てたけど、3.11は日本が真に自立した責任ある大国として目を覚ますきっかけになりましょうか





海外から表彰されるとのことで純粋に喜ばしく思います
普通の日本国民だったら、自分の身内が表彰される気持になりましょう

しかし、国内でこういった公的な評価がほとんど聞かれないのはなんででしょう?
そりゃ、総理大臣やら国会議員やら地方首長がほんのちょっとだけ様子を見にいったり、芸能人によるやんややんやなチャリティーイベントで、言葉だけで持ち上げたりは聞いたけど
公式な場で、真摯な思いを込めて、被災者をねぎらい救出・復旧活動を激励されたのは天皇陛下ただおひとりだけであり、最もマメに避難所に赴かれ多くの被災者を慰められたのは両陛下をはじめしする皇族方でした

カンチョクがイタチの最後っ屁で、なでしこジャパンに国民栄誉賞を授与してなんとか自分の花道を飾ろうとしました
なでしこの快挙はそれはそれで素晴らしいと思いますが、「国民に夢と感動を与えた」ことよりも
「わが身を省みず瓦礫と汚泥、濁流から多くの命を救い」
「傷ついた被災者の衣食住のため不眠不休で働き」
「被爆の恐怖をものともせず放射能漏れを防いだ」行為こそ国民栄誉賞に匹敵すると思うのは私だけでしょうか
常に足を引っ張る輩がいるし、マスゴミの歪曲報道もあるから国内では無理か




ところで、はじめて記事化することであり、誰にも話していない事があります

それは今年3月11日の朝、ジテツーの道すがら目にした凄惨な光景の記憶です

(以下グロ注意!)




それは、野良猫の轢死体でした

おそらく自動車に轢かれ即死したであろうその猫は、胴体を無残に踏み潰されカッと開けた口からは、気道と食道を逆流したとおぼしき大量の吐血を滴らせてていました
無念と苦痛を訴えるかのように大きく開かれた両目には当然生気なく、瞳孔が散大し切っているせいなのか猫らしい生意気な表情が失われていました
外傷が無い胴体だけがぺしゃんこになり、口からは血を、肛門から内蔵を飛び出させた野良猫は、自分を襲った人間の乗り物を呪い殺さんばかりの凄まじい表情のまま血の海に浸っていました

そこは住宅街裏手のとある細い道でけっこう人通りもあるので事故から間もなかったことと考えられます

印象的だったのは、仲間だろうか兄弟だろうか、他の猫数匹が遠巻きに死体を見守っていたことです
全員前足をそろえ腰をおろし、まるで姿勢を正して弔意を表するかのように沈痛な面持ちで朝日の中佇んでいました


実に非科学的ですが、あの猫の死が凶事の前触れを告げていたように思えてなりません




空蝉


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東日本大震災発生から今日で半年です まるひと風来帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる