まるひと風来帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 野田総理はまず党内北朝鮮シンパの粛清を!

<<   作成日時 : 2011/09/13 09:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

罠腫党政権になってからこのかた拉致問題の進展はまったく見られない、否、かえって後退したような感さえある
マスゴミ報道における扱いも縮小の一途だ

偉大なる将軍様は、小うるさい倭奴が静かになり、さぞかし落ち着いて息子への権力委譲に専念できるというものだ
ストレスがひとつ減ったからだろうか、一時期囁かれた健康不安説も無くなり、毎日元気に政務に取り組んでおられる模様だ





野田総理は家族会に「拉致問題はわが国の主権の侵害であり、重大な人権侵害であり国の責任で解決しなければならないことは政権や首相が代わろうと政府の普遍の姿勢だ」と述べたが、鳩山菅ら極左売国勢力と工作員酒井剛との癒着問題を完全に解決しない限りその言葉を誰も信用しない

もし仮に、アルカイダに内通する前大統領や国会議員がいたとしたら合衆国政府と国民は許すだろうか?



総理に申し上げる
まず前首相や元首相、そして黒岩宇洋や瑞慶覧長敏ら平壌のコントロール下にある奸臣どもを除名して国家転覆罪で起訴することからはじめたらいかがであろうか
そこまでやる度胸が無いのであれば、これら獅子甲冑の虫どもを片っ端から与野党共同で吊るし上げ、勿論その動画は全テレビ局が全国に中継、ついでに偉大なる将軍様父子にも録画DVDプレゼントし国内の朝鮮学校にも無償配布
抑止効果大だと思う

臆することは無い
罠腫党内に寄生する売国政治屋どもが理想と崇める兇産主義国家では日常茶飯事の血塗られた内部粛清だ

鉢呂の辞任、一川小宮山らの放言その他によってしょっぱなから閣内の不統一ぶりを露呈したあなたの内閣をビシっと引き締め支持率はかえって上がるというものだ







家族会による、国境を越えた連繋が報じられているが、私たちは真実を見逃してはいけない

我が国を含む拉致被害者の家族たちは、頼るべき自国政府があまりにもあてにならないが故に、なんら力のない一般市民である自らが行動・運動しなければならない事態を余儀なくされているということを
横田さんご夫妻をはじめ、ご高齢にあたられる方々も多く、家族会の皆様のご健康
そして、被害者たちの一刻も早い解放を願って止まない


今後も北朝鮮がいままで同様シラを切り、こちらをナメた態度をとり続けた場合、武力による奪還もオプションのひとつに加えるべきである
自衛隊3軍の実力をもってすれば米軍の力を借りずとも出来る筈だ


空蝉

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野田総理はまず党内北朝鮮シンパの粛清を! まるひと風来帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる