まるひと風来帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 海自艦名の漢字化を望む

<<   作成日時 : 2011/09/05 09:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆様周知の如く海上自衛隊(正しくは日本国民海軍)に所属する艦船の名はひらがな表記であるが、軍艦に求められる格好良さ、精悍さ、威厳、そして品位に欠けている気がしてならないと高校の頃から思っている

漢字だと先時大戦の侵略を想起させる
というのが、ひらがな表記の理由なんだそうだが、もういいかげん反日ジェラシックヒステリー国家群の顔色をうかがわなくともよろしい
しかしもうひとつ具体的な問題として、艦にペイントされた漢字は読み辛いという事情もあるそうだ(帝国海軍時代もカタカナやひらがなで艦首などに書かれていたらしい)

そういう意味では日本語って便利だね


ヘリ搭載護衛艦(事実上のヘリ空母)
ひゅうが
画像

ご存知海自史上最大級の最新鋭艦だが「ひゅう」で脱力して「が」でシメる語感だ
カタカナだと「ヒューガ」
なんとなく北斗の拳の悪役っぽい・・・

先代「日向」は「長門」就役前迄連合艦隊旗艦を務めた誉れ高い戦艦だった
大東亜戦争を戦い抜き、終いには航空戦艦として活躍の後呉軍港空襲で生涯を終えた


ミサイル護衛艦(イージス艦)
こんごう
画像

100を超える空中目標を、同時に補足・追尾可能な最強イージス艦も、ひらがなだとインチキ漢方薬みたいに聞こえてしまう

先代「金剛」は、大正生まれの老齢ながら姉妹艦「榛名」「比叡」「霧島」とともに大東亜戦争で大活躍した高速戦艦だった


同じくミサイル護衛艦(イージス艦)
ちょうかい
画像

姉妹艦4艦中最新のイージスシステムを持ってるそうだ
東日本大震災発生の当日に、福島県沖で流された男性を救助した功績も記憶に新しい
しかし、ミリタリー知識のない人や、山形の鳥海山を知らない人がこの艦名を聞いて
「護衛官懲戒」や「御栄冠町会」、ドイヒーな場合「奴隷浣腸会(おいおい・・・)」と聞き違える機会もあろう

先代「鳥海」は、太平洋にインド洋に駆け回りガダルカナル島を巡る激戦にも参加した高雄型重巡の4番艦
レイテ沖でその生涯を終えた艦だった


潜水艦
そうりゅう
画像

世界最大の通常動力サブマリン
台湾沖縄の併呑を謀り太平洋進出を目論む支那畜大陸海軍を邀撃すべき次世代戦力として、吾が日本のみならず他のアジア諸国からの期待も大きい艦である
しかし、やはりひらがなだと脱力してしまう・・・

稀代の名優笠智衆氏をひらがな読みすると「りゅうちしゅう」で空気が抜けた風船のように脱力する現象を彷彿させる
画像


先代の「蒼龍」も有名である
開戦劈頭、南雲機動部隊の一員として真珠湾とインド洋で圧倒的勝利を収めた
僚艦「飛龍」とともに、当時の世界最強ウィングである第二航空戦隊の母艦として鬼神の働きだったが、ミッドウェーで轟沈
元々巡洋艦として造られた船体で、サイズこそ中型空母だが「蒼龍」の武運と悲運にはロマンを感ずる


ましゅう型一番艦
ましゅう
画像

10,000トンの艦載能力を誇る最新鋭補給艦
記憶に新しいところでは対テロ支援作戦の一環でインド洋における多国籍軍艦艇への給油作戦で大活躍した補給艦である
東日本大震災における災害派遣でも被災者への生活支援に貢献
ましゅうの機能は今後も大いに期待できる
しかしやっぱりひらがな読みすると幼児言葉みたいになってしまう・・・

帝国海軍時代は「摩周」という艦は存在しなかった
海自の艦名ルールで補給艦は湖の名になっているが、日本にはそれほど湖がない
今後、支那畜大陸軍との軍拡競争になって、より多くの補給艦の建造に迫られたら、池や沼の名前も動員されるかもしれない

補給艦「あかん」「さろま」「はちろうがた」「いんば」「しのばず」「せんぞく」「うなぎいけ」・・・
そんな補給艦は嫌だ!


たかつき型護衛艦
画像

「たかつき」「きくづき」「もちづき」「ながつき」の4隻が建造・運用された
海自の艦艇としては、初めて先進国の同級艦と同じ装備・能力を保持
第十雄洋丸事件に出動したことで有名
その後2002年までに全艦除籍になった

筒井康隆先生のハチャメチャSF作品である「地獄図日本海因果(だんまつまさいけのくろしお)」では、「もちつき」「もたつき」「ごろつき」が登場する
第二次朝鮮戦争勃発で北朝鮮艦隊が対馬海峡に侵入
迎え撃つ海自艦隊にできそこないの核ミサイルを放つも、不良品だったため空間を破壊せずに時間軸を無限に壊してしまう
海自艦隊は北朝鮮艦隊ともども日本海海戦の現場にタイムスリップ
だしぬけに出現した未知の艦隊に驚いた東郷提督は敵前大回頭を下命し海自艦隊を攻撃
北朝鮮艦隊はバルチック艦隊に2発目の核ミサイルを発射するもやはり不良品で、こんどはなぜか北大西洋に行ってしまいタイタニック号にぶつかりそうになり発狂者続出
上空支援の空自編隊は一面森林のナウマン象の時代にタイムスリップし、あてどなく燃料切れまで飛び続ける
異なる潮位が各時代の対馬海峡に発生したせいで大津波が発生
文永11年、折りしも博多湾に侵攻した蒙古高麗連合大船団は壊滅し、時の執権北条時宗は狂喜して縁側から転げ落ちる



大脱線してしまったが、とにもかくにも海自艦艇を、渋くて風流あふれる漢字表記してほしい
将兵の士気も上がるというものだ
漢字というと古代支那帝国から伝播したと伝わりがちだが、それを日本の風土と気心に合わせてアレンジして、独自の文化として発達させた先人の英知が結実していると思う

ちなみに海自艦艇と同じ名前を付けた海上保安庁の艦船もあるので、海保はそのままひらがな表記にして紛らわしさをなくせばよろしい


でもよくよく考えると、支那大陸人に憶えられやすいというデメリットもある
しかし、現在大陸では略字体が使われているらしいから問題ないかな?

先次大戦敗戦直後、奇跡的に生き残り在外邦人引き揚げ作業に従事する松型駆逐艦「竹」(昭和19年のオルモック夜戦における殊勲艦である)の艦体に書かれたTAKEを見た米兵が
「何を取る艦なのか?」といぶかしんだエピソードも思い出した


fleet in being
三軍中最も、文字通り海外との接触の多い海軍ならではのネタでした

↓音質がちょっと残念だけど格好いい




空蝉






1/350 海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-177 あたご
ピットロード

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/350 海上自衛隊 イージス護衛艦 DDG-177 あたご の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

海自レシピ お艦(かん)の味 元気が出る! 安くて美味しい力めし
小学館
小学館出版局

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 海自レシピ お艦(かん)の味 元気が出る! 安くて美味しい力めし の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海自艦名の漢字化を望む まるひと風来帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる