まるひと風来帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 露助爆撃機 ぶらり日本一周の旅

<<   作成日時 : 2011/09/09 11:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





ロシア軍の露骨な主権侵害と、罠種党新政権の腰砕け対応に轟轟たる非難の声が上がっている


これは新参へのテストみたいなものであって、昔から抗争が多く、今もシマ争いしてる寿司組の組長が、これまでのヘタレ親分から武闘派との噂がある新組長に代わった
新組長はんの胆力と度量、あらためさせていただきます
ウオッカ組は鉄砲玉TU95を正門に乗り込ませて玄関に銃撃させたわけだ
同時に、提携関係にある刀削麺組もY8にシマへのちょっかいを出させ
さらには同じ自由鷲連合傘下でありながら、悶着絶えないプルコギ組の組長も、寿司組のシマ内にありながらみかじめ料を巻き上げ続けるスナック竹島に飲みに行くと言い出した

経済ヤクザ寿司組を取り囲む対立組織は、武闘派新組長になっても、今までやってきた通り寿司組を恐喝していいがかりをつけ毟り続けられるか否か試している


押されれば引く、引いたら押す
極めて単純かつ冷徹なパワー・ゲームの現実というものだ

野田総理は、世界の常識通りに対応すればよかったのだ
空自にはTU95への追尾命令を出し、海自は東シナ海の哨戒を強化
閣内党内でぐちゃぐちゃ言う奴がいたら
「主権侵害には断固たる対抗処置を取ります 責任は私が取るのでみんな思い切って仕事してください」
でよかったのだ

先日、我が国同様南シナ海島嶼の領有権を巡り大陸支那と係争するフィリピンとベトナムは、武力行使を辞さない覚悟を持って臨み、支那の恫喝や罵声など一切無視して通し、結果支那の国際評価を失墜させ交渉のテーブルに引きずり出すことに成功した

何故、同じことが出来ないのか
それは、歴史認識問題という外交カードをわざわざ相手に献上してしまった歴代政権の過ちのつけである
その元凶たる河野洋平の責任についても今後追求したい


以下、所謂平和主義非武装反戦主義者の言い分

反日感情が原因なのだから、もっとよく話し合って、過去の過ちには誠意をもって謝罪と弁償を実行すべきであり、戦前の価値観回帰を目論むなど論外である
防衛力はすなわち暴力装置なのだから、日本がまず廃棄すれば周辺国も安心できる
対米隷属は、周辺諸国の不信の根源であり沖縄県民の幸せのためにも、日米安保は一刻も早く破棄すべきである
経済援助で日本の印象を良くすればきっとわかってもらえる、永住外国人にも参政権を与えればさらなる地球的な友愛が進展し国境という垣根がなくなるのだから国際紛争はすべて解決できる
世界は善意で成り立っている
周辺国民もきっと同じことを考えているに違いない、この理想に共鳴してくれるに違いない!
でも税負担は負いたくないよ

おめでたい
実におめでたい考えである
おめでたすぎて幼稚すぎて笑ってしまうレベルだ

周辺の敵対国がこうしたトンチンカンな考えを持つ政治家、思想家、文化人、団体、マスゴミらを利用しない手はない


相手に土下座しながら自分の首を絞める縄を差し上げる愚行はもういい加減止めてもらいたい


空蝉












テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
露助爆撃機 ぶらり日本一周の旅 まるひと風来帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる