まるひと風来帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 対米開戦70周年

<<   作成日時 : 2011/12/08 18:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




なにを今さら騒いでおるのかね
と言いたい
10年前、元米海軍将校ロバート・B・ステェイネットが著書「真珠湾の真実−ルーズベルト欺瞞の日々−」で、真珠湾攻撃謀略説をとっくに暴露しているではないか



1941年 ワシントンにて・・・

ルーズベルトは、なんとしても参戦したかった(理由はいろいろありすぎて書くのが面倒くさい)

しかし、当時の米国内はモンロー主義で凝り固まっていて、だいいちルーズベルト自身が「異国同士の戦争のために米国の若者を死なせない」と公言していた

ドイツ海軍のUボートはどんなに執拗に爆雷攻撃しても反撃してこない
ヒトラーから自重の厳命が下っているのだろう

だったら日本を刃向かってくるように追い込んで、合衆国への戦争を仕掛けさせればいい

米国は民主主義の国だ
世論が許せば持ち前の国力で圧倒的な軍事力を建設し、欧州アジア両戦線で勝利が可能だ

しかし日本軍、特に海軍は強敵だ
自国軍隊と市民が無傷では済まないだろうが、国益追求の為の必要な犠牲になってもらおう

真珠湾軍港に旧式戦艦を並べ、日本海軍の空母機動部隊にだまし討ちさせることで全米は「自衛戦争」を支持するだろう
だいいち、あの浅い真珠湾で航空雷撃は不可能であると海軍スタッフから聞いている
黄色人種の技術と技量ではオアフ島まで飛んできて水平爆撃をする位が関の山であろう
従って損害は最低限で済む

開戦さえすればこっちのものである
まずは欧州に主力を投入しヒトラーを潰す

太平洋方面はしばらくは日本軍の猛攻に耐えなければならないだろうが、あの小国の力では進出限界地点はせいぜいニューブリテン島までだ

日本の疲弊を待って、海空主力をフィリピンに進出させて日本のシーレーンを遮断し、台湾と沖縄に侵攻しマリアナ方面の艦隊決戦に勝利した後は新型巨人爆撃機の絨毯爆撃で日本を屈服させる

満州と支那大陸の利権を剥奪し、蒋介石が支配する大陸市場を席捲するのだ
欧州戦線で疲弊した欧州諸国もついでに支那から追い出す

まさに濡れ手で粟だ
やはり戦争とはビッグビジネスなのだ
そして合衆国は当面安泰だ

スターリンや毛沢東は、ヒトラーや日本との戦いで相当消耗するだろうから、当面の脅威にはならないだろう

この見通しは見事に外れることになった



一方東京にて・・・

対米開戦を最も回避したかったのは、当事者たる日本帝国陸海軍だった

彼我の国力を客観的に分析して、とても勝ち目がないと考えていたのは山本長官だけではなかった
というよりも、それがわからない者はプロの軍人失格だ

南雲機動部隊にも、開戦回避の際はすぐにUターンする旨厳命が下されていたし、台湾と仏印に展開していた南方軍諸部隊も同様だった

画像


皇国政府も、対米戦だけはなんとしても回避すべく譲歩に譲歩を重ね、三国同盟の破棄すら呑むことも受け入れ、なんとか石油禁輸処置を解禁できそうだった矢先、「最後通牒」ハル・ノートを突きつけられた

日本帝国は、支那仏印から撤兵し、満州国を手放し、朝鮮台湾南洋諸島からも撤退して明治初期の4つの孤島に戻れ
さもなくば日本経済を破滅させるぞ

と宣告されたのである

帝国主義的競争で世界中がを弱肉強食で喰いあっていた20世紀に、とうてい受け入れられない条件である
皇国の威信は失墜し、国内は大混乱に陥る


もし、アメリカ政府が、全世界から合衆国軍隊を引き上げ、グアムもハワイもアラスカもグアンタナモも返還し、更にカリフォルニアやアリゾナ等諸州をすべて元の持ち主に返し、建国当初の東部13州に戻れ
さもなくばアメリカ経済を破滅させるぞ
などと云われたらどう反応するだろうか

もし、ロシア政府が、モスクワ大公国時代の地方政権に戻れ
さもなくばロシア経済を破滅させるぞ
そう宣告されたらどうするだろうか


時の皇国政府はそういう条件を突きつけられたのである

だから先帝陛下の御聖断を仰いでまで苦渋の選択をせざるを得なかった
そして、緒戦の奇襲攻撃で米国の戦意を挫折させ、極力短期で戦争を終結させるべく全力を注いだ
シンガポール占領で一気に連合国側と講和する構想まであったのである

しかし、緒戦の大勝利に浮かれた国内の雰囲気に呑み込まれてしまい、限界を超えた攻勢を続けざるを得ない状況に追い込まれてしまった
その雰囲気を先導し、国民をミスリードしたのは朝日新聞をはじめとする軽薄なマスゴミだった
今も昔も国民を破滅に導くハメルンの笛吹きだ

結果、知っての通り戦況はたちまち悪化しあの悲劇につながった



自虐教科書で教わった知識しかない方はグぐって調べることをお奨めする

ルーズベルト 真珠湾 陰謀 コーデル・ハル 暗号解読 ダレス機関 ゾルゲ コミュンテルン 



新婚旅行はハワイだった(ベタぁ!)
帰りの飛行機で幸い窓際の席を得た
真っ青な空にどこまでも果てしなく巨大戦艦のような雲が連なっていた
群島を囲む海原はひたすら広く、水平線の彼方は丸かった

その景色を飽きる事無く何時間も呆けたように眺めていた

真珠湾攻撃に参加した搭乗員達も60年前に同じ光景を見たのだ
勝手にそう思った


空蝉

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村









【送料無料】 DVD/趣味教養/大戦勃発からダンケルクの撤退 日米開戦前夜と真珠湾攻撃/LX-302
サプライズWEB
大戦勃発からダンケルクの撤退 日米開戦前夜と真珠湾攻撃趣味教養発売日:2010年7月6日品  種:D

楽天市場 by 【送料無料】 DVD/趣味教養/大戦勃発からダンケルクの撤退 日米開戦前夜と真珠湾攻撃/LX-302 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
対米開戦70周年 まるひと風来帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる