まるひと風来帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 首都直下地震など被害想定見直し

<<   作成日時 : 2012/04/19 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





18日、東京都による首都直下地震(東京湾北部地震)の被害想定が公表された

最大震度7、死者数9700人か・・・
果たしてそんなもので済むのか

画像


23区東部、南西部、南部の環状七号線一帯は広範囲に炎上するという予測である
私が家族と住む杉並区もその範囲に含まれる

昨年の震災以来、家内には口を酸っぱくして
「身の安全を確保して火の始末。電気のブレーカーを落とし俺が居ようがいまいが娘を守って指定避難区域に走れ」
と命じている

正直な心中を晒すと、家族だけは助かって欲しいと願わざるを得ない
身勝手極まりないが・・・


それにしても希望的観測は危険だ
常に最悪の事態を想定するに越したことはない

今回東京都の発表に欠けている視点があることにお気づきの方はいないだろうか?
地震と火災による人的損害が9700人とあるが、被災後のパニックや略奪行為による損害・損出は見積もられていない
「この日本でそのようなことが起きるわけない」
「東日本大震災、阪神大震災における被災地住民の冷静で秩序を守る行動は世界中に賞賛されたのに・・・」

確かに、首都圏一般市民の大多数は、まことに日本人らしい遵法精神で冷静に我慢強く災害に対処すると想定される
しかし、現在東京都内に住む約40万人の外国人
とりわけその半数を優に超える特亜3国人が、果たして周囲の日本人と同じように秩序立った行動をとるであろうか

甚だ疑問である


震災の打撃で無政府状態となった新宿や池袋で、いや都内各所で爆発的に発生する略奪・強盗・窃盗・暴行・殺人・強姦に警視庁は打つ手がなく、民主売国政権は自衛隊に治安出動命令を出せない
そこで反発した現地日本人自警団との暴動に発展


関東大震災の時と同じアル
倭奴に復讐する千載一遇の好機ニダ


彼らの母国は、自国民保護と被災者救難を名目に首都圏に出兵
横須賀軍港と横田ベースが被災した米軍も第2次トモダチ作戦インポッシブル・・・


国会議事堂に、皇居に、東京都庁に翻る五星紅旗や太極旗・・・

彼らは勝どきを上げ快哉を叫ぶ
今こそ南京大虐殺のお返しアル!
日帝支配のリベンジを果たす時が来たニダ!



なあんてワーストケースは考えすぎですかな?


空蝉

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村





想定される日本の大震災 (ニュートンムック)
ニュートンプレス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 想定される日本の大震災 (ニュートンムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
首都直下地震など被害想定見直し まるひと風来帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる