わが心のアンチヒーローたち 其の十六 マタンゴ 

マタンゴ
この東宝の怪作を映画館で観た方は間違いなく私よりも年上です
なぜなら私が生まれる前に上映された作品だからwwww
画像

私は小4か小5の頃、TVの○曜ロードショーで観たらしい
「らしい」というのは、小学生時代にマタンゴを観た記憶そのものが無い
しかし高校くらいになって、ある日なにげなくTVを見ていたら
そのTV番組に土屋嘉男さんが出演されていて、母親が突拍子に
「あんたちいさいころ、この人が若い頃出てた映画見て泣いたことあったよね。ほらあの気色悪い
シイタケ人間が出てくる・・・」



シイタケちゃうわ!wwww

そうか、観たことがあったのか・・・
とあいなった次第です

その後成人して、数年に一度のペースでぶり返すヲタ趣味に引かれるままに
ある日書店で、東宝特撮大全みたいな豪華本を発見し購入しました
その本では、少年の頃心躍らせてくれた怪獣・超兵器・宇宙人のそうそうたる雄姿を拝め、詳しい解説や映画評、出演者の経歴などを知ることができて、暇さえあればページをめくる日々でした

そのなかにマタンゴもいました
そうか、ちいさい頃これを観て泣いたか

ビデオ(まだDVDが存在すらしない時代)を借りてきて観賞し直したことは言うまでもありませんww
画像

たしかにこれは子供にはキツイw

実際マタンゴは、特撮は特撮でも、私が愛好した怪獣ものではなく、ジャンルの上ではホラーに括られており、東宝の変身人間シリーズの番外編的扱いを受けています

しかしながら水野久美さんが美しい
画像

この時代の女性には品があった・・・

今フレッシュアイpediaを参照すると、けっこうウケるエピソードが・・・

屋外ロケは伊豆大島と八丈島で行われたが、霧の演出のためにスモークをたいたところ、樹上からものすごい量の虫が落ちてきてキャストとスタッフの頭上に降りそそぎ大騒ぎになったwwww
画像

劇中、キャストが食べる禁断のキノコは和菓子素材が使われており、風月堂が製造して毎日撮影所に届けられ、美味しいのでスタッフにも好評だったwww

マタンゴの同時上映は、ハワイの若大将(爆笑)wwwww
どちらから先に観賞するのかによりますが、仮に若大将が先だった場合
ヨットレースに興ずる若者たちの明るい姿を見て加山雄三さんの歌声を聴いた後、やはりヨットで遭難して、不気味な島にたどり着いてキノコ人間に襲撃される映画を見たら・・・
興ざめだろうか、得するだろうか?

そしてこれすごいですねぇwww
画像

マニアの方が購入するのでしょうか
そういえば海外にもマタンゴのマニアが多いとか・・・

やはり、昭和中期の日本の特撮レベルは世界一なのです


タイアップ曲は
もうそのまんま!

歌中、かのタマミ(楳図 かずお画伯)が出てくるw
画像

オーケン氏もマタンゴを見て赤ん坊少女を読んでいたにちがいなひ!


空蝉






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック