わが心のアンチヒーローたち 其の十九 カネゴン 

怪獣というよりは珍獣だと思う・・・イモトアヤコさんに取材して欲しひw
そして、今昔にわたり最も親しまれている特撮(って云うのか?)キャラです
その名はカネゴン
画像


カネゴンもLIVEで観ていないのです
なぜなら放映時私はまだ赤ちゃんだったものでw
しかし、その後幼稚園から小学校にかけて
怪獣図鑑や玩具屋さんで、カネゴンの姿を頻繁に目にするようになりました
「おもしろいかいじゅうだぁ-!」

カネゴンが親しみ易く印象深かった理由として

まず、自分達に年齢が近い小学生の加根田金男少年がお金に執着し過ぎて繭に取り込まれ変身した、身長2mの等身大だということ
次に、変身しても金男少年そのままのひょうきんな性格
金男少年は、変身前は、ガキ大将だったけど、カネゴンに変身したら一気に下っ端になってしまい散々いぢられまくるw
おまけに曲芸の真似事までさせられてしまうw

しかも言葉を喋る!私の知る範囲で、ウルトラシリーズ中、日本語を喋る怪獣は多分カネゴンだけだと思います(宇宙人では何人かいたけど)
そして、1日に3,150円食べないと(貯金しないと?)死んでしまうといった、切迫した事情にもかかわらず、変身シーンを除きコミカルでのんびりとした展開

そしてなんといっても決定的なのはカネゴンの愛嬌ある風貌ですねw
ガマグチから両目が飛び出している!ww

このカネゴンの人気からブースカが誕生したとか


祈祷師のお告げ通り、土木工事現場のヒゲオヤジを逆立ちさせることで、垂直噴射で空に飛び上がったカネゴンは、無事金男少年に戻ってパラシュート降下で生還します
しかし、自家に戻った金男少年が見たものは・・・

だいぶ端折ったけどこういったストーリーです


今になって、オトナの目線で観直してみると、カフカ「変身」の影響が垣間見えます
お金に執着してばかりいるとカネゴンになってしまうぞ!
という寓話的教訓も含まれている

でも平成22年の日本で、お金に執着しないオトナっているのかなぁww
私なんか真っ先にカネゴンに変身しそうだが・・・

まあそれはともかく
ボクらのともだちカネゴンよ永遠なれ!


ものすごく異質な組み合わせですがお金が主食のカネゴンに黄金の時間を提供したくなったもので・・・


ガールズ・バンドの草分けも解散してから早24年かぁ・・

この曲の12インチシングル(懐!)を所有しておりましたw
その後同じくZELDAファンのカノジョにあげたっけ・・

初~中期ZELDAの曲は、陰陽躁鬱が曲によってはっきりわかれているのですが、この黄金の時間は陽躁のなかにちりばめられた陰鬱の味が絶妙なんです

ビリィザキッドの新しい夜明けという映画(1986)の主題歌であるのと同時に、ZELDAも出演してこの曲を演奏していますw


パンクから始まり、いつしかニューウェーブの旗手と呼ばれた彼女たちZELDAが創り上げてきた独自の世界は、その後紆余曲折を経てブラック・ファンクな世界へと流れてゆく・・・
社会人になった私が、その疾走から日々離れていった寂しい日々が懐かしく思い出されます

空蝉


なんじゃこりゃ!ウケたっす

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック