わが心のアンチヒーローたち 其の十八 シーボーズ

宇宙には怪獣墓場という空間があって、ウルトラマンによって駆除・殺処分された怪獣たちの霊魂が彷徨っている

その空間から、よりによって東京都心に落ちてきたのは怪獣墓場の墓守
亡霊怪獣シーボーズだった
画像

シーボーズを見たのは、今の舞姫よりも幼い時でしたが、あまりにも特徴的なので、その名前と姿、そしてストーリーをずっと記憶に留めていました

そして、確か、初めてカラーテレビで観たウルトラマンだったのも印象に残った理由なのだと思いますww

さてこのシーボーズ
これまでウルトラマンに殺され続けてきた怪獣たちの怨霊の具現化というからには、さぞかし凶悪な怪獣が復讐に燃えあがっているかと思いきや・・・

たしかにその姿は白骨がむきだしになったホラーな外観なんですが・・・

怪獣墓場に帰りたい 一心からか
飛翔能力も無いのにビルから飛び上がって地面に落下し、「ボエェ~」などと情けない声で泣き叫び、スネたのか、夕焼けを背景に後ろ手を組んで石を蹴っ飛ばそうとするものの、空振りしてしりもちをついてしまい寝転がってダダをこねるその姿は、わがままが通らずにヘソを曲げて泣き暴れる幼児そのもの!

シーボーズにとっては
怪獣墓場でひとり静かに、怪獣たちを慰霊しながら墓守をしていくのが一番の安らぎなんでしょうね

科学特捜隊も、そしてウルトラマンも
この厄介なシロモノにいたく同情し
なんとか怪獣墓場に帰還させようと努力するのだが
これが結構困難
でも
面倒だからと、スペシウム光線で抹殺しなかったのは評価できます

シーボーズ出現(というか墜落w)直前に、怪獣墓場を発見していた科学特捜隊は
マツムラキャップの発案で怪獣の供養をしますw
ちゃんと遺影や戒名まで用意して、お坊さんに読経してもらうさまは
今見ると、その本格ぶりに感心させられますw

怪獣墓場を見つけたハヤタ隊員は
自分がウルトラマンとして、駆除・殺処分してきた怪獣たちに、心中許しを請い詫びます

この一連の筋書きは、
凶暴な怪獣や凶悪な宇宙人から地球人類を守る、光の国からやってきた正義の戦士ウルトラマンの戦いが、これでもかと繰り返される、ウルトラマン全39話中異彩を放つ内容だと思います

今になって思うのは
バルタン星人やザラブ星人、地底人やケロニア、メフィラス星人やゼットン星人による組織的な侵略・テロ行動に対する戦いは、れっきとした防衛戦争に該当します
地球の国家間の国際法上も、またM78星雲に国際法みたいな法律があるとすれば、交戦国(交戦星間文明圏と云うべきか・・)の戦闘員に対する殺傷行為は合法であるということになります
ちなみにカヴァドン、ヒドラやゴルドンやスカイドンは事故ということか・・・

しかし、怪獣たちに対する扱いは違ってくると思う
特にアントラー、ウー、ガボラ、ネロンガ、ケムラー、ゴモラ、グビラ、ザンボラー、ジラース、チャンドラー、ギガス、アボラス、バニラ、ペスター、レッドキング、ラゴン、ゲスラ、マグラー、ドドンゴ、ガマクジラといった
元々地球にいた怪獣は、絶滅危惧種に等しい対応が望ましく、人類に被害を及ぼさないように処置する(例えば無人島に隔離とか・・・)、可能であれば捕獲する、やむを得ず殺処分する場合でも、標本にできるように遺体の損傷を最低限に留め、苦痛の少ないる殺害方法をとるべきである

たまたま彼等が巨大だったから、力が強くて光線や火炎を吐くから迷惑なのでと殺害されていった多くの怪獣たちを、ほんんとうに一方的にだと決め付けてよかったのか?

口蹄疫や鳥インフルエンザに感染して大量処分される家畜たち
森林のエサ不足で人里に降りてきて銃殺される獣たちと同じだ

このシーボーズが登場する第35話には、第1次怪獣ブーム時代に子供だった我が世代の、素朴な疑問に対する、一種の回答が秘められています


古来から、そして現代にかけても、やはり人類は、自分に都合の悪い種を
追い詰め、改造し、間引き、処分し続けています

邪魔な同族、都合の悪い同族を処分することも大好きな知的生命体です


monsters crying now・・・

閣下が
破壊された生態系を嘆いています
罪深き獣(知的生命体)、自己チューな人類に憤っています


愛がすべてか?と
彼等ならではのスタンスから問いかける悪魔たち

初期聖飢魔Ⅱの集大成とも云うべき第5大経典「The outer mission」に収録
当時の主張が込められた名曲名典です


会社の悪口を込めた(つまり実名を隠して、意味をほのめかせてw)替え歌を、同族経営者一族の前で歌ったことがあったww
あのころは青かったヨ


空蝉






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2000円で大怪獣シリーズ

    Excerpt: 人気ブログランキング         今日長府のトイザらスに彼氏と行ったら、エクスプラス大怪獣シリーズの      シーボーズが安くなってました        なんと2,000円になってたので、彼氏.. Weblog: 日子のさらさら日記 racked: 2011-04-19 13:46