北朝鮮崩壊にあたる日本の対応を米政府は見透かしている 




9条などというまじないを本気で信じているおめでたい国とはやってられまへん
ということだ
もっともその9条を押し付けたのはどこの誰だと云いたくなるが


確かに北朝鮮の独裁体制と核保有は東アジアにとって不安定要素に他ならない
しかし、現体制の崩壊は周辺諸国にとって迷惑以外の何者でもないことも事実である
画像


地続きの支那は難民の流入に伴う負担と満州地区の朝鮮族のナショナリズムに神経を尖らすことになる
韓国は西ドイツのように、世界最貧クラスの同胞約2千万を救済する負担に苦しむ
米国は行きがかり上日韓の安全保障に責任を持たざるを得なく、関係各国の複雑極まりない利害調整に苦しむことになり、図体だけ大きいロシアは僻地極東の混乱に労力を割かれることになる
海を隔てたわが日本はというと一見して最もお気楽だが、例によって国内問題がそのまま対外政策に反映される不可思議な行動でヒンシュクを買う可能性がある

北が現体制のまま新政権が成立するシナリオはさすがに現実的で客観性に優れている
その新政権に支那が影響力を行使し、核放棄と引き換えに日韓の駐留米軍の撤退を要求され、まんがいち合衆国がそれを呑んだ場合、北東アジアにおける支那のプレゼンスが格段に高まることになる
関係各国は北の崩壊に伴う「その後」に際し、いかに自国と自陣営の国益を守るか実にシビアに情報戦に勤しんでいるのだ


レポートは米国の本格的な軍事介入にも言及しているが、今の財政状態で大丈夫なのかな
そして、半島統一政権が弱体であることが予測されてるけど、なぜ弱体と見ているのかな?
世界有数の激情民族による二大コワモテ国家の合体で、実力はともかく極度に強硬な外交姿勢をとりたがるような気がするが・・・


最後に日本の対応について分析されているが実に耳に痛い
平和憲法などという不磨の大典を後生大事に掲げる結果、軍事動向を含む危機に対しての対応が極めて屈折していて普通の国とは異なると定義されているが、その平和憲法を恩着せがましく押し付けたのはどこの誰か
しかし現実に戦後歴代政権がとってきた八方美人の愚策のツケが巨大なリスクとして降りかかることが危惧される
ましてや売国勢力に牛耳られる民主党に安全保障政策を任せるわけにはいかない


米政府当局は全世界のあらゆる局面を、リアルにシビアにシュミレーションしており、その対応策も具体的に決定していることだろう
彼らが東アジアを見限り、朝鮮半島が高麗省に、沖縄が琉球族自治区に、西日本が東海省に、東日本が倭族自治区に、北海道がヤポーンスカ自治共和国になるという悪夢のシナリオさえ用意しているに違いない


空蝉






外交崩壊—中国・北朝鮮になぜ卑屈なのか (文春文庫)
文藝春秋
古森 義久

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 外交崩壊—中国・北朝鮮になぜ卑屈なのか (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: 北朝鮮崩壊にあたる日本の対応を米政府は見透かしている  まるひと風来帳/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-05 19:21
  • エアマックス 95

    Excerpt: 北朝鮮崩壊にあたる日本の対応を米政府は見透かしている  まるひと風来帳/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-09 21:35