友邦トルコ、そしてタイに救援を!




地球が地殻変動期に入ったのかもしれない

トルコの被害に対する国際的な救援活動が必要ではないか

同じ地震国、そして東日本大震災から日が浅い我が国の救援支援活動が待たれる
死傷者の大半が、倒壊家屋によるとのことだが、日本の耐震技術そして原発事故の悲しい教訓を伝達して活用してもらう機会である

トルコは、云わずと知れた親日国



↑のエピソードを胸に刻む日土両国民は多かろう
19世紀末、ロシア帝国の侵略に苦しめられていたオスマントルコ帝国では、日露戦争における大日本帝国の勝利に多くの国民が快哉を叫んだ
「同じアジアのサムライたちが白人国に勝利した」 
「偉大なオスマン帝国の末裔たる我々も近代化して勝ち残るべきだ」
「トーゴー」「ノギ」と子供に命名することが流行した

時は下り大東亜戦争末期、中立を押し通していた時のトルコ共和国政府は連合国の圧力に屈し、対日宣戦という苦渋の選択をした
しかし、対日宣戦に抗議するトルコ国民のデモが大々的に発生する事態が生じた
「アジア解放の旗手である友邦日本になぜ宣戦を?」

12年前のイズミット地震では、救援物資を艦載したわが国民海軍の輸送艦「大隈」が遠路寄港したところ
「偉大なる東郷提督の無敵艦隊が救援に来てくれた」と大歓迎された

我が国はいまこそ日土友好の輝かしい歴史を発展すべく、真の友邦の災厄に馳せ参ずるべきである
日露戦争や大東亜戦争で発揮された我が民族の規律と精勤は現在でも世界に誇るべきものなのだ


タイの洪水被害も甚大だ
マスゴミは日系企業の被害ばかり強調して騒いでいるが、かの国の、素敵な笑みの人懐っこい人々の安否にも思いを寄せるべきだ



トルコもタイも、東日本大震災の際して、それぞれの国力に応じた救援支援をしてくれた
震災の後遺症と不況に苦しみながらも、友好国への恩義は果たしたい


「地震と津波で甚大な被害が出たことを深く悲しんでいます。両陛下と全ての日本国民に心からの弔意を表します」
タイのプミポン国王陛下による、今上陛下と我々日本国民にあてられた慈悲深いメッセージである


空蝉


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

通りすがりです
2011年10月24日 19:15
 とても痛ましいです。
 亡くなった方々のご冥福を祈ります。
 怪我をなさった方々の早いご回復を祈ります。

 大きな被害が出ていると思われますので、ヨーロッパも大変そうですが、国際社会が協力して、救援活動に頑張って欲しいと願っております。
 日本も、災害救助犬や医療チームの派遣、それに援助物資などの送付といったような援助、できないだろうか?と思います。それに、日本から送る必要がありそうだったら、小型の重機の送付や、自衛隊の派遣なども、できないだろうか?と思います。
 日本も色々大変ですが、民主党政権には、国際社会と協力して、頑張って欲しいと思います。(と書いていて思いましたが、この頃日本は色々災害がありましたから、災害に対する警戒や対策のための知恵なども、提供すると喜んでもらえるかも?そういった知恵を、トルコだけでなく、水害のタイなどにも、提供してもらうと良いかも?などとも思ったりして…。民主党政権、頑張って欲しいです。)


追伸  民主党政権で思い出したんですが、TPPについては、急いで欲しくないと思います。
 日本の農業がどうなるか?という心配もありますが、TPPには、労働力に関する自由化、という話も含まれていたはずと思うので、日本の労働者がどうなるのか?それもとても心配です。(外国からの出稼ぎ労働者は、家族は母国で生活することが多いと思うので、一般的に、日本の労働者よりも低賃金での労働が可能と思います。なので、日本の労働者が仕事を奪われるとか、日本の労働者には絶えがたいほど賃金が下がってしまうとか、そういったことが起こってしまうのでは?と心配なんですね。)

 それに、どんなに時代が変わっても、日本の食を支える穀物は、やはり米だと私は思います。
(下の私のコメントに続きます。)
通りすがりです
2011年10月24日 19:16
(上の私のコメントの続きです。)
 なので、日本の米作がどうなるのか?それもとても心配です。(ど素人ですが、米は、日本の気候に適した作物と思います。それに、日本には、先祖から積み重ねられてきた、米作研究成果や米作文化などもあると思います。)

 そのように、色々な心配があるTPPなので、拙速で失敗して欲しくないと、心から願っております。(自民党やマスコミにせっつかれた挙句、大雨で浸水した仮設住宅のようなことになってしまっては、大変困りますので。)

 と書いていて思い出しましたが、自民党は基本的にTPPに賛成だろうと、私は思っております。(大企業が儲けてくれないと、企業献金が減るでしょうからね。自民党は、政権与党時代は、年間150億円もらっていたとか?野党になってすぐの頃でも、年間100億円ぐらいはあったようです。)
 でも、自分達が表立ってTPP推進をやると、選挙の時に票が減るから、自民党は、第三次補正予算審議を人質のようにして、民主党政権を後ろから突っつき、TPPをやらせようとしている?
 私はそう思っております。

 そういうことは、TPP以外にも色々ありそうなので(例えば増税もそうかも?)、日本の庶民は、騙されないようにしないといけないと思います。(日本のマスコミの多くは、自民党贔屓のスポンサーに札束で横っ面を張られていそうで、NHKも、健康保険などの面での既得権益を、自民党に守ってもらいたいのかも?という状況があるようです。なので、やはり、日本のマスコミの言うことは、眉に唾を付けて聞いた方が良さそうに思います。)

 そういえば、多くの日本のマスコミは、TPPに含まれているはずの、労働力に関する自由化の話について、あまり話したがらないように思うのですが…。
 やはり私の心配は当たっている?皆さん、お気をつけて。
通りすがりです
2011年10月24日 19:20
追伸2 それから、これも話変わってすいませんが、普天間の辺野古移設についても、書かせてください。
 この頃色々動きがあるようですが、私は辺野古移設に反対です。
 辺野古の美しい海を守り、これ以上沖縄の人達の心を傷つけないために(沖縄の人達は、基地の負担だけでなく、地位協定などにも苦しめられていますので)、普天間の負担を、他の施設に分散するなどして、辺野古移設を避けて欲しいと、心から願っております。

 ところで、海を守ると言えば、諫早湾の問題も気になります。
 海を守るために、水門の開門を求めている佐賀県知事が、九州電力のやらせメール問題に関して、悪者にされている感じがするので…。
 自民党や官僚は、開門反対派だったと思うので、自民党と関係が深そうな九州電力が、佐賀県知事を貶めるような発言をして、開門を邪魔しようとしている?という気がしてしまうのですね。(知事が、「原発賛成派の意見も必要だ」という意味のことを言ったのが、問題になってるようですが、知事は、「原発賛成派の意見も、議論の中で取上げる必要があると思う」と言いたかっただけなのでは?それだったら、民主主義的な議論としては、当然のことと私は思います。賛成意見も反対意見も両方取上げて、初めて議論になる訳なので。それなのに、九州電力は、自分達に都合が良いように、曲げて解釈したのでは?と私は思います。)
 もしそうなら、佐賀県知事がとてもお気の毒です。名誉挽回を祈ります。(第三者委員会は、九州電力と一緒になって、知事を非難しているようですが、その第三者委員会のメンバー、本当に第三者なのでしょうか?)
 諫早湾の水門の、早期の開門を望みます。諫早湾問題では、まず第一に救済されるべきは、漁民の人々と思いますので。

この記事へのトラックバック