平岡秀夫法務大臣は将軍様シンパであり殺人犯の擁護者です




この男を、公安調査庁を監督する法務大臣に任命した野田総理の見識を疑わざるを得ない

画像


東大法学部在学中に司法試験に合格し、大蔵のキャリア官僚として順風満帆の道を歩んだこの男が、なぜ30代半ばに政治の世界に転進したのかは不明だが、実にオイシイ待遇を捨ててまで飛び込んだ「一寸先は闇」の世界によほど強いなにかがあったのだろう

平岡は日本国国会議員の身分でありながら、2006年に朝鮮大学の創立記念式典に参列し、その後対北融和団体である朝鮮半島問題研究会を作り上げた
リベラルの会などという平和主義を装った反日左翼集団の代表世話人であり、平壌にすり寄り将軍様の顔色を伺う売国政治屋集団のちょうちん持ちである



国民の8割が死刑廃止に反対である中、死罪が確定した12人の死刑囚の死刑執行命令を未だ下していない
下すそぶりも無い

公務とはいえ実際に死刑を執行する刑務官の心の負担が非常に大きいという話を新聞で読んだ事がある
日本の死刑方法は絞首刑であることが法で決められているのだが、死刑囚の足元の床が開き、釣り下がった自分の体重で首の動脈を閉塞させ瞬時に脳死させる
数人の刑務官がいっせいに複数の開床ボタンを押すという方法が採られている(どれが作動ボタンかは知らされていない)
それでも刑務官たちの呵責は重いが、彼等は法務大臣の命令で公務を全うする
それが法律であり、国民の意思であるからだ

法務大臣の責務は死刑廃止運動にうつつを抜かしたり、死刑執行を吟味・検討することではなく、執行を命令する権限と責任があるということを平岡は(その前任の江田五月も)認識すべきだ
同じ売国奴の千葉景子でさえ(2件だけだが)執行命令にサインしたのである

それにしても稲田朋美議員の冷静かつ信念ある質疑は鋭くてわかりやすい
稲田議員の追求で罠腫大臣議員が全部アホに見えるが、緊急地震速報は罠腫におもねる犬HKが慌てて大袈裟に横槍を入れたに違いない
「いかん!民主党がピンチだ。これ以上中継すると真実がより広まってしまう」
受信料不払い運動を全国的に展開すべきだ


平岡の悪名を一挙に知らしめた事件である



周知の方も多かろうし、平岡ら少年法廃止反対論者の、被害少年の母親に対する侮蔑暴言があまりにも常軌を逸したものなのであえて記したくない

いわゆる人権派弁護士なる詐欺師どもの言い分を聞く度にむかつくあまり気分が悪くなる
あくまで上から目線で「お前ら感情的な愚民は我々インテリ専門家のいう事を聞いていればいいのだ」という高慢さが見え見えだからだ
安田好弘もまたしかり

このむごい事件の加害者であるクソガキどもは、「障害者のクセに生意気だから」という理由だけで被害者に暴行を加え死に至らしめておきながら
「ヒマでまいる」「早く出て遊びたい」「2年間我慢するぞ」などと反省のそぶりさえ見せていないことを平岡らは知っているのであろうか


その平岡も所詮「下賎の小者」だ



11.17から激昂して涙目になってるww
河井克行議員はこれからも平岡の追及に手を緩めないで欲しい
それにしても不誠実な詭弁屋だ

以上に留まらず、この男は外国人参政権付与推進派であり、北朝鮮の資金源であるパチンコ業界の擁護者でもある
国連に安全保障問題を任せるなどという夢物語を本気で考えているふりをする日本解体運動の一員であり、党を揺るがした外国人献金問題についても法的規制の緩和を主張する売国政治屋にほかならない

平岡らの暗躍で、どれだけ国益が損なわれ、我々国民の安全が脅かされていることか


空蝉




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック