我が心のアンチヒーローたち 其の三十八 伝説怪獣ウー

今回もまた悲しい怪獣です

伝説怪獣ウー
画像


ウルトラマン第30話「まぼろしの雪山」にて登場

飯田山麓の村は冬のスキー観光で成り立っていたが、ウーの出現によって観光収入が途絶え困窮した村民はささいなことから孤児ゆきんこを追い詰めていった
そこへ現れる暴れ出すウー
ウーはユキの亡母の亡霊が実体化した山の神であり、ゆきんこを守ろうとしたのだった

攻撃する科特隊にゆきんこは訴える
「ウーは怪獣じゃない・・・科特隊はなんでもかんでも怪獣呼ばわりして殺してしまう」

しかし科特隊の苦戦に仕方なくハヤタはウルトラマンに変身するが、不得手な雪中戦に大苦戦
元々体重の無いウーに打撃ワザは効果が無く、密着戦に持ち込んだウーの低体温がエネルギーを奪う
ウルトラマンピンチ
しかし誰かの声に誘われるように姿を消したウー

そしてその傍ら、誰にも看取られることなく静かに雪に埋もれるゆきんこがいた
「ウーもゆきんこも雪山の幻だったのかも」とひとりごちるハヤタ


ジラースの時と同様に泣いた記憶があります
あまりにもゆきんこが可哀想で大泣きしました
ゆきんこを小ウーにしてウーと一緒にいつまでも幸せに暮らせるようにしてあげればいいのにと子供ながらに思いました
ウルトラマンに殺処分されなかった希有な例でした

今振り返ると伝説怪獣というよりは幻想怪獣といったほうがしっくりきます
ウーは、日本古来のシャーマニズム、アミニズム、山岳信仰に基づく民話の世界を連想させます


高校時代、お世辞にも端正とは言い難いルックスで色白、似合わないロン毛を汚らしくなびかせた同級生がいたが、彼の渾名はウーだった
O君お元気ですか?
黒板に似顔絵描いてごめんね
マラソン大会の時、ビリ集団でゴールインした君を、みんなで「ウ~よぉ~ ウ~よぉぉ~」と声援を送ったことが昨日のようですw

その高校時代に西武園の怪獣気ぐるみショーで悲惨な事故が
ウルトラマンVS怪獣軍団のバトル中に使われた火花がウーに引火
毛むくじゃらなウーはたちまち火だるまになってしまい、中のバイト大学生が焼死してしまいました

その西武園へのバイト応募を検討中だった私には衝撃でした




ウーとのタイアップはもうこの曲しか考えられない!
伝説怪獣には伝説バンドを

賽の河原 人間椅子

歌詞の内容は違えども曲の訴求、雰囲気はまさにウーの神秘性につながる
と私は思ふ・・・



それにしてもここまで音を歪ませながらもキレイに決めるスリーピースバンドは他にあるかなあ

現世の唄を乗せて廻向の風が吹きつける
現身の涙で出来た輪廻の河が打ち寄せる


和嶋氏の悲哀と虚無感あふれるヴォーカルが好きです


しかしなんなんだこの冒頭のまったりトークは
鈴木氏がU字工事の右みたいだw
相原勇いと懐かし


空蝉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ルイヴィトン バッグ

    Excerpt: 我が心のアンチヒーローたち 其の三十八 伝説怪獣ウー まるひと風来帳/ウェブリブログ Weblog: ルイヴィトン バッグ racked: 2013-07-10 07:28