稲田朋美議員「普天間のツケをTPPで払うな」




まさに正論である

元々民主党は、昨年の参院選のマニフェストで全く言及していなかったTPPを、昨年10月の菅前首相による所信表明で突如浮上させてきた
しかも、今に至るまで、交渉参加の原則的な方針すら決まっていない
正確な情報も発信されずに、まず交渉に参加すべしとか、途中で脱退できるのできないの、と抽象的な議論に終始しているようでは、全てをなし崩し的に譲歩することになるのがオチである

と、一刀両断の稲田議員

「最大の非関税障壁とされる国語は守れるのか」
という指摘が胸を突く

そうか、TPP参加によって英語を強要される局面もあるか
いや、米国の医者や弁護士が有利に商売できるように、病院や法廷では英語以外禁止になる恐れもある
英語喋れない日本人は医者にもかかれず免罪で裁かれてしまうわけか
そうなったら英会話教室は大儲けだな

って、そんな民族固有のアイデンティティを破壊する行為が許されるか!


普天間、尖閣、竹島、北方領土と、民主政権になってから続発した外交失敗を挙げ
こんな民主党に国益がかかる外交を任せておけようか
普天間で怒らせた米国のご機嫌取りで交渉に入るとすれば、政権維持のために国を売る暴挙だ
これには全国民が同意見だ


議員の持論である「日本道義大国論」だ
日本は覇権大国の中国でも強欲大国の米国でもない「道義大国」として独自の価値観を世界に発信する責務がある
一握りの極端に裕福な人と多数の貧しい人の国ではなく、額に汗し努力した人が報われる、頑張りながら報われなかった人も助ける社会を目指すべきだ

人間の良心に照らせば、至極当然の社会であり理想の国家像である

日本国は「儲けたもの勝ち」「何でもあり」を是正し、米国流カジノ資本主義を正す責務がある
TPP参加は、そういう役割を自ら放棄することになる
なぜなら、TPPは米国の基準を日本が受け入れ、日本における米国の利益を守ることにつながるからだ
それは、日本が日本でなくなること、日本が目指すべき理想を放棄することにほかならない
TPPバスの終着駅は、日本文明の墓場なのだ



いつも冷静沈着にして理論整然
でもチャーミングな笑顔の奥に、護国の信念を燃え上がらせる稲田議員をこれからも応援する
画像



空蝉

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村




日本人が知らないアメリカの本音
PHP研究所
藤井 厳喜

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人が知らないアメリカの本音 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
岩波書店
堤 未果

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック