TPP参加で国民健康保険制度は崩壊します




ほうらやっぱり・・・

米政府は、過去にも我が国の国民健康保険制度の改悪を強要したことがあります



TPP交渉参加で、米政府は自国の民間大手保険会社と製薬メーカーが日本国民から搾取しやすいように、混合診療(保険診療と自由診療のミックス)と病院の株式会社化を、あらゆる手を使って(物理的な暴力も含む)求めてきます
交渉に弱い日本側が巨人同盟国の要求に屈することが目に見えます 
韓国のように

結果、混合診療で高度医療は一握りの富裕層だけのものになり、一般企業と同様営利に走らざるを得なくなった大病院は不採算部門のリストラを強いられます
国民健康保険制度は崩壊し、一般庶民は高額な医療保険への加入を余儀なくされるわけです

アフラックだかなんだか知らないけど米国民間保険会社は、まさに濡れ手に粟で私たちがこつこつ蓄えてきた資産を掠め取る魂胆で、オバマ政権に対する活発なロビー活動を行っているのです


医師ではないとはいえ、医療の現場で日々様々な患者さんの声に向き合っている身としては黙ってはいられません

お金が足りないせいで自分や家族の健康を守れない世の中なんて絶対間違っています!
盲腸の手術に100万円以上かかるなんて絶対嫌だ


野田ブタ内閣の藤村官房長官は
「医療部門が対象外だというその根拠は?」との質問に対し
「それは交渉ですから」と回答しました

はあぁ~?

要するに
交渉次第では米側の要求を呑まされ、国内制度を彼等の好き勝手にされることもあり得るということなのですね

正直言うと、野田総理に淡い期待を抱いたこともありました
自衛官の子息であり、保守的な国家観を持っていると伝聞していたからです
ルーピーやカンチョクなんかよりはよほどマシかと思っていました

しかし、今回一連の言動で完全に幻滅しました
僅かでも期待した自分が愚かしい・・・


TPPも増税も国際公約より先に、国内のとりまとめが先だと思います
野田ブタもルーピーと同じ轍を踏むことになりましょう


空蝉

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック