ロボット展に行きたいな

2011国際ロボット展が東京ビックサイトで開催されています

先だって発表された3代目ASIMOの複雑で柔軟な動きには感心しましたが、あの走り方がなんとなくコソ泥みたいで微笑ましかったw



ASIMOも元気にアピールしていることでしょう

HONDAに対抗なのかTOYOTAも介護・医療支援ロボットの開発に余念なし




高齢化社会の到来で、介護・福祉・医療の分野に数え切れないニーズがあると思います
私の職場にも毎日のように要介護者が来院しますが、数歩の移動どころか姿勢を変えさすだけで相当の体力と熟練を要します

先端ロボ技術は大企業だけではありませんぞ
日本の誇るロボット工学は百花繚乱です

↓日本精工の盲導犬ロボ


↓体操指導ロボ「トレロ」(かわゆいw)
画像


入院患者や要介護者の着替えを手伝うロボまであるのだとか


我が国の最先端ロボット工学は、今後も介護・福祉・医療に留まらず、製造・物流・交通・警備・防災・防犯・国防等々広範囲に活かされることでありましょう
軍事最優先の欧米よりも人に優しく、支那や南鮮のパクリ追随を許さずに世界No1を走り続けて欲しいものです

伝え聞く所によると、欧米人のロボット観はフランケンシュタインやゴーレムの如く、人間を傷つけ職を奪うというセンスが潜在的にあるそうです
その根底には自然に挑み屈服してきた歴史があるのですが、どうしてもターミネーターに代表されるパワフルでグロテスクな姿になってしまう
それに対し日本人にとってロボットとは、古くはからくり人形からはじまり、鉄腕アトムやドラえもんに至るかわいくて人間と共存できる娯楽的要素が強く、マジンガーZやガンダムにしても格好よく人類と共闘するセンスが優位です
それらのコンテンツが世界中で愛好されていることは言わずがもな

現実にロボット開発に携わる日本の研究者や技術者のモチベーションの根底には、幼い頃から親しんだ、まるで友だちのようなロボットアニメキャラのイメージがあるのでしょう

国民軍(別称:自衛隊)も徐々にですがロボット兵器の研究をしている模様でありますが、尖閣防衛のためウミヘビ型魚雷ロボなどどうでしょうかね


空蝉

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック