杉並区の年季物件 謎の歯科医院

この歯科医院は、拙宅から徒歩数分の距離にて開業中である
おそらく数十年単位で開業しているに違いない

画像

いったい昭和何年に開業したのか

二階建ての自宅をそのまま歯科医院として使用している模様だが、壁面は及ばず屋根や正面入り口までをも覆い尽くしたどす黒いツタが、さながら怨霊の館のごとき不気味さを際立たせ、周囲の平凡な住宅街からは完全に浮いている

画像


我々近隣の住民にとってツボなのは、この、謎の歯科医院のおどろおどろしい外観だけにとどまらない

ご覧のようにまったくやる気の見えない院長の診療スケジュールなのである

画像


こんな歯科でインプラント治療受けたくなひ・・・

診療時間は木曜日と土曜の午前中のみw
月曜と金曜を「研修日」にしている
言い訳がましいのか開き直っているのかよくわからないが、医者の考えることは一般からかけ離れていると云われる一例であろう


推測するに
この歯科医院の院長は高齢で連日診療する体力も無く、おまけに後継者にも恵まれていないのではなかろうか
自宅開業なので、借金もなく昔ながらの馴染み患者だけを相手に、半端医師の義務感だけで細々と治療を続け、週に5日の休診日には悠々自適の余生を過ごす毎日なのだろう

ちなみに以前は、火曜と水曜の午後7時半から9時半も診療していたが、なぜ夜だけだったのか
仕事帰りの常連患者が細々といたのかもしれないが、年月の経過とともにリタイヤしたり他界したりで夜に診療する必要もなくなったのかもしれない


今ひとつ言えることは
今後私も家族もこの歯科医院に世話になる可能性は限りなく0に近いということである


空蝉

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック