テーマ:空蝉日記

それにしても・・・

久しぶりの更新になってしまった 半年以上サボっていたことになる イイワケはキリがないので言わない でも、以前と変わらないっすよ オレ そういえば昨朝、通勤途中 一昨日の大雪が一昼夜を経、人々に踏み固められ凍結し、見事にアイスバーンと化した朝の歩道でしりもちをついていた無数の方々を目撃した みなさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災後 こんな時だけど、これから未来の話をしようか を読んだ

主人公野田圭介の名は執筆開始の3ヵ月後に総理就任する野田佳彦を予見していたのだろうか・・・ あの3.11以降、未来への希望を亡くした子供達を思い、不器用・不完全ながら懸命に努力する 情報本部(本作ではあのダイスではない)OBの老父の情報力と息子一家への寡黙な愛情がイイw しかし老父の元部下(現情本幹部)がひとこと漏らした …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆弾低気圧と脆弱大都市

昨年の震災や台風の教訓からか都内各事業所は従業員の早退を自主的に行い、各ターミナルは早引きラッシュで大混雑した でも情報を精査すると、おととい全面運休したのは、いつもの風弱3線(武蔵野・埼京・京葉)他であり、主要各線はダイヤの乱れと間引き運転こそあったものの、終電まで動いていた 職場は閑古鳥が鳴いたものの、来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急停止!

先日は、仕事帰りの電車内にて非常にシビアな状況に直面しました その方のプライバシーもあるので詳細は省きますが 乗り合わせた車両に急病人が出たのです 当たり前ですが驚きました 医療関係者の端くれながら、驚きのあまり立ちすくんでしまい声さえかけられなかった自分がお恥ずかしい 周囲の他の乗客たちも同じ反応です…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

失恋してヤケ酒に走るハエですかw

失恋した雄のハエたちに「酒と泪と男と女」を聴かせたら、更に興味あるデーターが得られた可能性もある 交尾を拒否されたオスがアルコール入りの餌を浴びるように摂取し始めた というクダリがなんとも泣ける そうか あの若かりしし日、異性に拒絶されたあとムチャ呑みに走り危険なほど泥酔して、深夜の駅前でバカヤローと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

地井武男さんが地元をちい散歩した

たまたま休みで、しかも私の地元を散歩するというので視聴してみた この名物番組は初視聴である 見慣れた懐かしい光景が次から次に画面に出る そして地井氏が、たいしたこともない風景や建造物にいちいち感嘆の声を上げ、一般市民に馴れ馴れしく声をかけてゆくw 東中神駅南口改札を出てすぐに 「おお!駅前にはとても立派なマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マット・マルホランドのリコーダー

2年近く前にブレイクしたこの動画は依然多数の視聴数を誇る秀作である 観ればわかるが思い切り下手クソに吹ききっている 狙い だとわかっていてもおもろい それにしても 何回見ても心なごむ このリコーダー奏者はマット・マルホランド氏というニュージーランドのミュージシャンであり、どうやらプロとして活発に活動している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気が付けば2週間以上も更新サボってたw

すっかりご無沙汰してしまいました いったい私の身に何が起きたのかと危惧された方もいらっしゃったかも知れませんw 入院でもしたのか 闇金に追われているのでは 家庭崩壊したのか リストラされた、いや会社が倒産したのか まさか死んだのでは 単にやる気無くしただけか・・・ ・ ・ ・ ・ 「いずれも該当し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このお正月に

昨年の仕事納め時、某会社関係者からものの見事に風邪を伝染されてしまい、例年にない精彩を欠いたお正月を送ってしまいました お恥ずかしいハナシ、独身時代は初詣をはじめとする正月行事をサボった数の方が多く 結婚後も家内のつきあいでダラダラとお出かけするのが常 初詣も、親族への挨拶も、社交辞令の範疇内であり これでも保守民族派ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日ですが

よりによって今朝から風邪に罹患しました 明け方目覚めてしまい、二度寝を決め込もうとしたところ喉がヒリヒリと痛みました 「完全な風邪声」だとは家内の評 なんと2年ぶりの風邪です ジテツーで増強した体力は脆くも瓦解です 原因はというと・・・ 乾燥した環境で終日過ごすという愚を犯したことが考えられます 風邪ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ、どのくらい更新してる? -併せて更新不定期化のお知らせ-

「毎日更新!どやっ!」 といきたかったけど、残念なことに 明日から当ブログの更新が不定期になります 理由はとある私事なのですが真に遺憾です いったい何日おきの更新になるのか今のところまったく見当がつきません 今年正月 「ブログ毎日更新」という、とてもアラフォーのおっさんとは思えない一年の計を公表して家族の失笑を買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野動物園と知られざる史跡

ボウシゲラのアップ今回のスナップ大賞w 先日、家族サービスで訪れた上野動物園は、江戸時代の外様大名である藤堂氏の菩提寺「寒松院」があった場所に開設された経緯があります 藤堂家のお墓はゾウ舎の奥のほうに現存しています(一般は立ち入り禁止) そこには宗家初代藤堂高虎公も眠っているのですが、未来の世で自分のお墓が動物園になろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家元逝去 合掌

談志が死んだ というスポーツ紙の1面が故・談志師匠のキャラを如実に物語る今朝である 医師の勧る声帯除去はプロの矜持が許さなかった 最後まで高座にこだわった、まさに昭和の名人がまたひとり逝ったのである 志の輔師匠はじめ立川一門は、家元の遺志を引き継ぎ、日本の落語界を牽引し続けるに違いない そういえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おめでとうドラゴンズ

球団史上初のセ・リーグ連覇です 私はプロ野球ファンですが、今まで本ブログでは意図して一切のプロ野球情報を封印してきました(例外あり) 理由は簡単、ネタが多すぎて他のことに触れられなくなる可能性が極めて高いので・・・ こちらは同じbiglobのドラゴンズ公式ブログ ドアラがずいぶん有名になったものですw 野球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビックリハウスの名物コーナー「おもこ」

おもこ とは、中学から高校にかけて愛読したビックリハウスの人気コーナーだった 当時は出版文化花盛りの時代 ハウサーの皆さんお元気ですか ちなみに平成の若者諸君、ビックリハウスは遊園地のアトラクションではないぞ 昭和49年から十年以上発刊されたサブカル誌であり、パソコンも携帯も無い当時の若者たちの圧倒的な支持を集めた名誌なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮面サイダー・・・

拙宅近隣の自販機にて発見したのでひと缶買った 100円だった ぐグったら今年の2月に発売されたDyDoドリンクの復刻堂シリーズ ヒーローズ缶というものだそうだ 他にも大果汁バトルウルトラウォーターや炭酸戦隊ゴレンジャーがある マニア垂涎のシリーズである 自販機で買う場合は、絵柄が選択できない このショッカー科学陣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊るダメ人間

この曲を聴くとある人物を思い出します その人物は会社の1年後輩でした 後輩とは云っても専門学校出身の私より年齢は2コ上 私などとは違い、れっきとした四年制私大商学部だか経営学部を卒業した学業優秀な青年で、幹部候補生として将来を有望視されて入社してきました でも顔が三遊亭円丈師匠似w 事件は新人研修後、営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィルス性足底疣贅の処置をしてもらった

尾籠(びろう)なテーマで恐縮である そして、たいへんお見苦しい画像を掲載したのでご容赦願いたい 食事中の方は閲覧の回避をお勧めする ってもう見せてるじゃねえかよ!↓ これは私の足の裏である 20年以上前から、両足の親指と小指の付け根下部に10円玉くらいの大きさの角質部位が居座り続けている 放置して…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

甚平おやじぜよ

誕生日ということで銭妻に甚平を買ってもらった ありがたやありがたや♪ 前から欲しかったんスよw もっとも銭妻は通勤用のパンツを想定していたようで不満顔だったが・・・ 甚平はここ数年密かなブームだそうで、夏場のお祭りや花火大会に甚平姿で出掛ける若者も見受けられる 通販サイトを見ると女性用のカラフルな甚平まで流通している …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カキ氷

今年も活躍してくれたのがこのカキ氷器 小型なので一回あたりの生産量が少ないのですが少人数の我が家では充分な機能です 夏になると舞姫がこれをせがむこと騒々しいw 専用シロップもいいのですが果汁ジュースでアレンジするのもまた一興 暑い時口にすると、一時的にせよたしかに体温を下げる効果もある 欲を言えば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すき屋の250円牛丼がアツイ

仕事で午前中外出になり、まともな昼休憩もとれないことになった先日のこと 速さと安さだけを求めすき屋某店に飛び込みました 標的は期間限定の250円並盛ですw そう、私はワンコイン亭主です(涙) つゆだくにしてもらいましたw 感想を述べると まず熱い! 炊かれたごはんに煮えた煮汁がたっぷりとかけられていて熱い! 決し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青梅線車輛ドアに開閉ボタンが設置されていた

私の実家は、多摩の時空列車こと青梅線沿線の某所なのですが、後期高齢者になりたての両親が健在で暮らしています 先日、夏休み中の舞姫の顔を見せるべく日帰りで訪問してきたのですが 立川駅で中央線から青梅線に乗り換えようとして軽い驚きが 今年の7月23日から全車輛が開閉ボタン式になっていたとのことです 電車が停車中は車輛内外から「開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うれしいメッセージ

先日舞姫からもらったものですが 絵文字を多用しているところはさすが21世紀のGALw たいしてがんばってもいないというのに 心苦しいことです・・・ 年中さんになってからというもの ひらがなを駆使するようになり おともだちとおてがみをやりとりしたりしてるみたいです 言葉と文字の魅力と魔力にハマって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝飯摂取主義

タイトルにあるとおりなのですが、この20数年間必ず朝食を摂る生活を続けております 独身時代は自宅で自炊よりも通勤時の外食のほうが多く、吉牛朝定やら立ち食いそばやらたまには朝マックとしゃれ込んだりしてw でも寝坊して遅刻寸前の時などは、コンビニおにぎりを下品に食い散らかしながら会社に走ったりして 若気の至りでお恥ずかしい限りです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨星落つ・・・ 小松左京氏 死去

まさしく日本SF界の巨星だった 10代前半から現在に至るまで氏の作品の半分以上は読んだと思う 特に多感だった中学から高校にかけては、SFだけではなく、あらゆるジャンルの小松作品をむさぼるように読んだものだった それまで苦手でしょうがなかった読書に親しみ、楽しみながら学ぶきっかけをつくってくれた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城ふるさとプラザ訪問

ナンジャタウンからの帰路に立ち寄ってみました ここは 宮城ふるさとプラザ おりしも震災復興応援感謝祭が催されていました 震災発生直後は、県内企業の被災そして流通の混乱により商品の入荷もままならなかったものの、その後見事に持ち直し、産物を購入する事で被災地を支援しようと思う利用客で連日大盛況だそうです 私は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぴあ廃刊 昭和は遠くなりにけり・・・

ネットも携帯も無い時代に若かった世代なので、毎週この情報誌の発刊が待ち遠しくて仕方がなかった それでなくてもマイナーかつマニアックな情報ばかりを追い求めていたので、映画から伝統芸能まで幅広く発信してくれたぴあには随分とお世話になったものでした なによりも(私が購読していた頃は)価値判断(いわゆるオススメ)を一切しない方針…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ開設1周年記念感謝祭 その3

アクセス数ベスト10の発表に続き、今回はワースト10を発表します♪ ・ ・ ・ って まだこれやるんかえ!!!! だいいちアクセス数10以下のトホホな記事が4割以上を占める拙ブログでワースト10なんざ発表したら編集だけで何日かかるかっつーの! では違う企画にしましょう・・・ 更にレベルダウンのレア企画 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ開設1周年記念感謝祭 その2

先輩諸兄諸姉のブロガーの皆様は百も承知でしょうが、アクセスカウントの確認も欠かせない作業かと存じます かくいう私もこの数ヶ月は毎回チェックに勤しんでおりまして 「おお!昨日は一気に増えたぞ」とか 「この記事未だにこんだけかよ」とか ぶつくさ言いながらひとりむなしく貴重な時間を浪費しております ちなみに今年の初めまでは、アク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブログ開設1周年記念感謝祭 その1

早いもので拙ブログを開始して1年になります 登録して編集を開始したのが昨年の7月8日で、初公開したのが同15日だったので、実に1週間公開を躊躇していましたw 我ながら初心者とはいえ、己の文への自信の無さを如実に物語っています 今でこそ1日1回の更新を目標に、好き放題なことを書き綴っていますが、開始当初は何からはじめたら良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more