テーマ:廃墟不動産

杉並区の年季物件 謎の歯科医院

この歯科医院は、拙宅から徒歩数分の距離にて開業中である おそらく数十年単位で開業しているに違いない いったい昭和何年に開業したのか 二階建ての自宅をそのまま歯科医院として使用している模様だが、壁面は及ばず屋根や正面入り口までをも覆い尽くしたどす黒いツタが、さながら怨霊の館のごとき不気味さを際立たせ、周囲の平凡な住宅街か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の年季物件 生花店栄華の残滓

豊島区某所にて発見した元店舗である 看板の痕跡からしてお花屋さんだった 正面のガラス戸は無残に割れていて、中を覗くと真っ暗な空間からカビの芳香が漂ってくるのがわかる 3階建てのけっこう大きな家屋であり、いったい何年前まで店主一家はこの家に暮らしながら商売に励んでいたのだろうか この物件の目と鼻の先に大きな霊園があり、そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の年季物件 謎の敷地内旧商店

この、一見何の変哲もない建造物は板橋区某所住宅街に於いて異様なオーラを放ち続けていた 画像を引いてみると、一軒家の敷地内隅っこに建っていることがわかる 占有面積は6畳くらいであろうか くもりガラス越しにみかん箱やら家電製品の空き箱が見える 一軒家の敷地は、この地域にしたら広いほうで家屋も比較的新しく、絵に描いたような中流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の年季物 天国パチンコ

築五十年は下るまいか 豊島区某所にて発見 間口狭く奥行き深い 終戦後、在日朝鮮人たちが興したこの遊戯場の古い形態だろうか そういえば、子供のころに見かけたパチンコ店はこの細長い建物だったようなそうでないような・・・ 雨風にさらされボロボロになりほったらかしの雨よけが歴史を物語る 両隣の建造物と比較すると、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史発見館を発見(池袋本町1丁目)

川越街道を走行中に偶然発見した歴史発見館である 普通このタイプの施設は温泉等の観光地でよく見かけるものである そしてそれらは、派手で大袈裟な看板・外観に反し内容の乏しさにトホホとなるパターンが多い しかし、観光地という非日常の一部として捉えると、そのインチキ加減も胡散臭さもつい許容してしまう傾向がある しかしいいなぁ~こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弦巻川暗渠ツアー 1

弦巻川暗渠は、昭和7年に暗渠化された、都内でもけっこう古株の暗渠であり、現在はその痕跡の大部分が下水道として転用されているという由緒正しい暗渠である その流路の変遷も変化に富んでおり、暗渠マニアの間での認知度と人気も高い 実はこの私、朝夜のジテツー時、弦巻川暗渠上の一部をかすめるように通行していたのである ちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズ「東京の年季物件」 自宅近所編

拙宅から徒歩2分の距離にある薬局らしき店舗である ちなみに、ほぼ毎日営業している模様だが、気のせいか見る度に店の看板が傾いているw それほど日当たりがよくないのにもかかわらず、店頭の各種ポスターが完全に日焼けして元の色を留めていないのもいい味出してる いいかげん取り替えればいいのに こちらは新宿区某所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の年季物件 便所じゃないぞ!

所用で訪れた埼玉県某所に存在する謎の建物 画像不鮮明だが 「立小便禁止」 「立小便は犯罪として通報する」 「立小便する奴出て行け」 まるで魔よけのお札のように無数の警告文が貼りまくられている いずれも建物最下部 「被放水箇所」に配置されており、ここで小用を済まそうとする者たちの足元からにらみを効か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊島区「悪魔の塔」 (年季物件シリーズ)

豊島区某所にて発見した地上4階建てのマンション この地域は、某私立女子高に近い閑静な住宅街であり、最寄のJR駅まで徒歩5分前後の好条件地なのであるが、この物件以外の高層建築はなぜか見当たらない 壁面や鉄筋の汚れ具合錆び具合から見て築40年といったところであろうか・・・ 間取りはおおよそ2DKくらいか 建物横に、まるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北区「哂うたばこ店」 (年季物件シリーズ)

北区某所にて よくよく見ると微笑むヒゲオヤジの顔に見えてくる物件である 元はタバコ屋さんだったことが推測できるかつては、この店頭にて店主や奥さんと来店客の間で、人情溢れる世間話が花咲いたろうに・・・ 完全にぶっ壊れ朽ち果てたタバコ自販機が哀愁を誘う キャビンが240円・・・ いったいいつの時代からこの状態なのか学生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田端を走ってみました 1

東京23区最北部を隅田川の西に沿うように、北西から南東に斜めに約8km連なる北区 その最東端部で、文京台東荒川の3区に包囲されるような箇所に田端があります 田端もまた、上野以北の京浜東北線山手線駅沿線共通の、武蔵野台地崖の上下に分かれた分断の町 山手線北半球文化圏のご多分に漏れず、田端駅周辺もまた由緒ある歴史と反比例する庶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢川流路跡をぶらりぃ♪ 2 (杉並区和田3丁目)

杉並区の東端を南北に貫通する環七通り東側歩道を、妙法寺入口交差点を背に北上し高円寺陸橋に接近すると、その途中時空の亀裂のような都市伝説的風景が唐突に出現します一昨年はじめて見た時、廃線跡かと思ったw しかし、この地点こそが、歴史の闇に埋もれた小沢川流路を主張する確かな痕跡なのである 前回に続き tokyo river様の御指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

限りなく年季の入った物件募集(笑)

東京DEEP案内さんの影響か、ジテツー中や移動中に、古臭く汚らしい年季の入った建造物を見つけると、すかさず撮影し、それらがいかなる過程で朽ち果ててしまったのか思いを巡らすマイブームなうw こちらは北区某所の住宅街の閑静な生活道路沿いに突然現れる2階建ての家屋プライバシーの問題もあるので 本コーナーの画像はすべてセピアフィルターを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

趣味丸出しシャッター

拙宅のすぐそばにこのようなシャッターを使用している会社があります はじめて見たときは、上手なスプレー落書きだなぁと思ったw 裸一貫で会社を興したであろうワンマンの社長さんが新撰組マニアだということは想像に難くないw 実に思い切りのいい、広告効果の高いシャッターですが、もうちょっとキャラクター化してもよかったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横丁、露地、都電・・・そしてスカイツリー

職場近辺も、それなりの歴史を持つ区域なので、結構味わい深い発見があります 一見何の変哲も無い生活道路です この道は町境も兼ねているのですが、この道路には何故か廃業した病院や商店、そして廃屋が連なります・・・ 人の生業・営みが廃れた匂いが漂い続ける不思議な道です 都電荒川線沿線は、住居の軒先を走り抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more